少林寺と図書館と病気と

アクセスカウンタ

zoom RSS 御用始

<<   作成日時 : 2007/01/04 12:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

世間ではまだ正月気分らしいがワタクシは今日から仕事である。
年末年始はこれということもなく、淡々と過ぎていった。テレビは
毎年そうだがつまらない。箱根駅伝は母校が出るというので観た
りするが、家族が嫌がる。で、ケンカになったり・・・。休みが多い
とロクなことがないもので。自分がイヤになって持て余す。

さて、図書館ではたまりにたまった新聞などを整理していたら、少
し驚いた。「朝日新聞」の広告に「正論」が載っていた。でもまあ、
「潮」も載るんだから別に驚くほどでもないが・・・。

明日から開館。喧騒の日々が始まる(前にも書いたような気がす
る)。仕事をしていた方が気分が紛れていいかも。少林寺拳法の
稽古始は、まだ2週間ぐらい先なのでまだ日常的ではない。

少林寺拳法を始めてから今まで、確かにある程度健康になったの
かも知れないし、一応三段なのでそれなりに技を覚えたのかも知
れない。しかし、一番肝心の自己確立(精神修養)はどうだろうか。
去年、金剛禅を学ぶために僧階を取得した。これは自己確立のた
めでもある。にもかかわらず、まったく進歩してない。何も変わって
ない。自信もない。非常に情けなくて、自己嫌悪に陥ってしまう。

こんな自分から脱却するにはどうしたらいいのだろうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
自己確立>
 それを言われるとつらいですね。私も、「精神修養」の方は・・・
 実のところ、私が入門した動機は、第一に健康増進、第二に護身錬胆でしたから、そちらはおろそかになってしまいます。もっとも、健康増進さえ満足にできてませんので、その他の二つも怪しいものでして、ちょっと、助教と名乗っていいのかどうか。
 もっとも、技のほうも、自分では遅々として上達していないと思っていても、道院長からは、上達してるという評を頂きましたので、自分では気が付かないだけで、向上しているのしょう(少しずつだから自分では判らないのでしょうか?)。南宗禅と違い、北宗禅の姿勢は漸々修学がですから、一歩ずつ前進していきましょう。

追記
 以前、新井会長が、何かの雑誌で、拳士の能力を調査したら、他の面では一般人より高い水準だったが、感情の抑制能力が一般人より劣っているという結果がでた、という主旨の話をされていたそうです。精神的に弱いからこそ、入門するのでしょうが、衝撃的な話ですね。
源六
2007/01/05 17:57
>源六さん
書いているうちにだんだん愚痴になってしまいました。少林寺拳法をやっているのに何故?と思ってしまい反省の日々です。暴力に対する自信と心が広くなるということは別なのではないか?と自問自答している次第です。
HIRO。
URL
2007/01/05 20:04
明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いします。
自己確立、は入門前に比べては
細く長くでいいんではないかと
私は自分に言い聞かせてのんびり
構える事にしています。
毎日をこなしている自分を誉めて
毎日を生かしてくれる周囲に
感謝してのんびりのんびり。
ポジティブシンキングで
参りましょう^^。
メイタロウ
2007/01/06 08:06
入門前に比べては
>よくなっただろうと考えて
が抜けていました^^;
メイタロウ
2007/01/06 08:07
『解らへん』『出来へん』と言うたびに『そう簡単に解って堪るか』『そんなに簡単に出来たと思う方がおかしい』と指導者(オット)に言われます。(^^ゞ技もしかり、まして精神修養は一生モンだから悩む事に意義有りでは?
ネフェルタリ
2007/01/06 13:40
>メイタロウさん
そうですね。なかなか性格とかの問題もあり、難しいですが、のんびり努力していこうかと思います。三歩進んで二歩さがるの精神でしょうか。

>ネフェルタリさん
自分をもっと向上したいという気持ちはあるのですが、家族の前では甘えてしまい、いかんなーと思ったりします。無知の知ではありませんが気づいただけ、いいかなと。
HIRO。
URL
2007/01/06 14:36
自分が変わるって、より自分のことを知ることだと思います。
今現在、自分はどんな人間かと問われたらどのくらいハッキリ言えるかわからないです。
しかも「自分は知っているけど他人は知らない自分」「自分は知らないけど他人は知っている自分」「自分も他人も知らない自分」とたくさんあります。
ここからどうやって変わったらいいのかって・・・考えても難しいですよ。
前に私のブログで書いたのですが、そこにキッカケを与えてくれたのが高橋佳子先生でした。
自分の気づかなかった自分に気がつくうちに、どんどん元気になって、佳子先生に出会う前とは違ってきました。
HIRO。さんがよろしかったら、14日に名古屋で講演の衛星中継があります。
私は21日の横浜へ行きますが、興味がありましたら詳細お伝えします*
・・・もしこのコメントが不適切だったら削除してください。
私が元気に歩めるようになったので、HIRO。さんにもお伝えしたくなりました。
古都
URL
2007/01/06 19:18
>古都さん
ありがとうございます。今まで少林寺拳法は技術面を重視していて三段まではとにかく入院の遅れを取り戻そうとかがむしゃらにやってきた気がします。ここで、立ち止まって考えるのも必要ではないかと思います。つまり自分をどうしたいのか、どうすればいいのかと。アドバイスとても嬉しく思います。またいろいろ教えて下さい。ブログを通じていろんな人と知り合えるのは、ホントの友情ではないと言う人もいますが、僕はそうは思いません。
HIRO。
URL
2007/01/06 21:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
御用始 少林寺と図書館と病気と/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる