少林寺と図書館と病気と

アクセスカウンタ

zoom RSS 管理職

<<   作成日時 : 2011/04/29 21:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

以前から、中間管理職は悲惨だと書いてきたが、管理職は更に
大変だということを思い知らされた。

確かに、雑務からは解放された。しかし、間の悪いことに今、指定
管理者制度の提案が当局から出され、管理職が職員に説明しな
ければならない。

たとえ、管理職になって間がないといっても、館長は館長なのであ
る。本音が言えない。言ってしまうと逆に職員から馬鹿にされる。

まるで親の敵のような言い方をしてくる。こっちは、ろくに勉強をして
ないのもいけないのかも知れないのだが、ケンかを売ってくるみたい
な態度は、とても醜い。

ケンかをする気はないのだが、立場上、受けて立つしかないのだろ
う。本当はお互い、楽しく、仲良く仕事をしたいはずである。

もう、かつてのようなほのぼのとした図書館はこの世からなくなって
しまい、ギスギスした人間関係だけが残るのか。

しかし、去年の一年間は今とは比べものにならないくらい楽しかった
なあ。あの日に戻りたい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
管理職 少林寺と図書館と病気と/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる